水漏れ修理がきちんとできる業者を選ぶ

水漏れ修理がきちんとできる業者を選ぶ 水漏れは緊急事態なので、できるだけ早く修理をしてくれる業者を選ぶ必要があります。遅くなればそれだけ被害が大きくなるので、緊急時でもすぐに駆けつけてくれる業者をあらかじめ調べておく必要があるでしょう。いざというときには慌ててしまう人も多いものですが、このような状態では冷静に判断することができません。だからこそ事前に対策を講じておく必要があります。
しかし、水漏れはいつ起こるかわかりませんので、主な対策は事前に業者を見つけておくことになります。現在ではインターネットで簡単に選定することができるので、給湯器 交換などどこまで対応してくれるのか確認しておくとよいでしょう。ただし悪徳業者も存在しているので、しっかりと情報収集をしておきましょう。

■業者の評判を確かめておく

水漏れの修理を行ってくれる業者はたくさんありますが、全ての業者が緊急時でも即座に対応してくれるわけではありません。中には緊急時に駆けつけてくれても、態度が悪い場合や技術に乏しい可能性もあります。このような業者を選んでしまえば、きちんと修理が行われておらず、また近いうちに水漏れを起こしてしまう可能性も考えられます。このようなことがないように、事前に情報収集をすることは必須だと言えるでしょう。
できれば家の近くにある業者に頼みたいところですが、このような場合には、その業者が信頼できて接客態度もよいのであれば問題ありません。しかし、あまりよい業者でない場合には、多少遠くても信頼ができて技術力も高く、丁寧で親切なところを選ぶべきです。ただし、出張範囲外の業者では意味がありません。

■固定電話の番号が記載されているか
いくら評判を確かめても、やはり情報収集できる範囲というのは限られてしまいます。そこで信用できる会社であるのかを見分けるポイントを知っておくことがコツです。その一つが固定電話の表記があるかという点です。現在ではインターネットで会社のサイトも閲覧することができます。通常会社のサイトには概要が記載されていますが、概要欄に固定電話の電話番号が表示されていれば、信頼できる可能性が高いでしょう。
逆にフリーダイヤルや携帯電話の番号が表示されている場合には、信頼できない場合もあります。もちろん必ずしも信頼できないというわけではないので、参考までに覚えておくべきです。これは水道工事業者だけではなく、他の業者でも同じことが言えるでしょう。

■水道局の指定免許を持っているか

信頼できる会社であるかどうかは、先ほど紹介した固定電話の番号が明記されているかどうかで判断をすることができます。では、水漏れの修理をしっかりと行えるだけの技術を持っているかどうかを判断する場合にはどうすればよいのでしょうか。それは水道局の指定免許を持っているか確認をすることです。
ちなみにパッキンの交換程度であれば誰が行っても違法にはなりませんが、工事に関しては免許がなければ違法になります。水道局が発行した指定免許というのは、当然技術に乏しい会社に対しては発行されませんので、必ず確認しましょう。業者のサイトに記載されていればよいのですが、記載されていない場合には、水道局に問い合わせれば教えてもらうことができます。

■まとめ
技術力が高くて信頼できる業者を選ぶには、ちょっとしたコツをつかんでおけば誰でも選択をすることが可能です。水漏れが発覚すれば自分で止める手段がありませんし、どんどん酷くなっていくこともあるでしょう。そのため、早く駆けつけてくれることが重要な判断基準ですが、それ以前に信頼ができて技術力の高いことが重要です。
このような業者を見つけるためには、ただ情報収集をすればよいわけではないので、いくつかポイントを押さえておき、事前に見つけておくのが最もよい対策になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース