水道局公認の業者に水漏れの修理を頼む

よい水道業者の選ぶのに重要なのが、水道局の公認工事会社であるかどうかということです。水道局の公認工事会社の場合には、必ず管轄である水道局の名前と、指定番号が明記されているので、見ればすぐに分かるでしょう。ホームページ内にこのような記載がある場合も多くなっています。

■公認の方が安心できる

水道局の公認工事会社であれば、公共機関と同様なので信頼できると考える人も多いでしょう。公認されている業者があるなら、非公認の業者もあるのかというと、もちろん存在しています。非公認だから信頼できない、技術力が乏しいというわけではありませんが、やはり自治体に申請を行っている業者の方がより安心できます。
特に水漏れは深刻な問題ですし、頻繁に発生して修理を依頼しているようでは困ったことになりかねません。注意をするようにしましょう。

■公認と非公認の違い

水漏れの修理をする際に、業者選びの基準となる水道局公認工事会社ですが、公認されている場合と非公認の場合では何が異なっているのでしょうか。大きな点は自治体に申請しているかいないかという点ですが、それ以前の問題があります。
水道工事は誰でも行えるわけではなく、指定を受けてお墨付きをもらう必要があります。よって公認業者と非公認業者では、修理ができる範囲にも差が出てしまうと言えます。給湯器 修理においても対応している可能性があります。だからこそどのような水漏れ修理でもできる公認業者が相応しくなります。

■まとめ
多くの水道工事会社は、水道局から公認されています。これは水道工事を行っても問題ないぐらいの技術がありますという証明です。これだけでも信頼性が大きく変わってくるので、水漏れの修理を依頼する場合の参考にしてみるべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ